nashcft's blog

時々何か書く。

日記でない

bitrise.io における workflow の差分管理

昨年末に Bitrise Advent Calendar 2019 を眺めてたら、以下の記事で bitrise.io 上で bitrise.yml の差分管理ができるって書いてあって、気になって調べてみた話。 qiita.com 記事には差分管理の機構について紹介がなかったので、"bitrise yml diff" とか "…

Bitrise で Android instrumentation test を実行させるための調査メモ

最近 Android アプリの instrumentation test を実行する workflow を構築する機会があったので、そのために当たった情報やついでに気になって調べたことなどを覚書も兼ねて記事にすることにした。 目次 Steps Virtual Device Testing for Android で instru…

Deploy to Bitrise.io で生成した artifact のインストールページの QR code を作る

社内に需要があったので 調べればこれについて言及のある記事がいくつも出てくるけど、だいたいが一連のビルドフローに関する解説記事の一部で触れられているという感じで目的の情報に辿り着くのが手間な状況なので QR code だけにフォーカスした記事を作ろ…

Bitrise: Repository で bitrise.yml を管理している場合の Bitrise Start Build による workflow の並列実行を行う

Bitrise は基本的に1つのトリガーに対して1つの workflow しか実行させられないが、 Bitrise Start Build という step を用いることで、複数の workflow を並列に実行できるようになっている。以下では主に GitHub などの repository で bitrise.yml を管理…

Android で unidirectional data flow で設計することについてのメモ

Android と Flux とか unidirectional data flow とよばれるものの関係についてかんがえていることのメモ書きのために自分の過去の tweet をまとめる場所 “UseCase: similar to a Redux reducer, it creates a new state (or one or more actions to create …

Kotlin Android Extensions の view binding に関する知識の整理

Kotlin Android Extensions の解説記事、Kotlin のリファレンスとか英語ソースだったらよくまとまってるのがあるけど日本語ソースだとあんまりいい感じのないなーという印象なので自分でまとめてみる。ただし view binding の方だけ。英語が読めるなら以下の…

Kotlin で『テスト駆動開発』を進める

記事のまとめ Part I 1~4章 5~7章 8~11章 12~13章 14~16章 Part II まだ

Kotlin で『テスト駆動開発』を進める (第14章 - 第16章)

前回 さて Kotlin で『テスト駆動開発』を写経するシリーズも Part I が今回で終わるので一区切りとなる。前回で書籍のコードから設計方針を転換しているので、1つ1つのタスクに対してどのように方針を立て実装していくか、きちんと過程を残すように書きたい…

Kotlin で『テスト駆動開発』を進める (第12章 - 第13章)

前回 前回までは通貨を表すクラスをシンプルにしていくタスクが中心だったが、今回からやっと本題である通貨の足し算に手を着け始める。 現在のコード: MoneyTest.kt class MoneyTest { @Test fun testMultiplication() { val five = dollar(5) assertEquals…

Kotlin で『テスト駆動開発』を進める (第8章 - 第11章)

前回 今回は11章まで進める。前回からの Money, Dollar, Franc にまつわるリファクタリングの続きで、今回分で一区切りがつく内容となっている。 現在のコードは以下の通り: MoneyTest.kt class MoneyTest { @Test fun testMultiplication() { val five = Do…

Kotlin で『テスト駆動開発』を進める (第5章 - 第7章)

前回 nashcft.hatenablog.com 今回は第5章から第7章まで進める。 これまでの過程で書いたコードは以下の通り。前回の脚注で触れているが実際に私が取り組んだ時のものに対して順序の再構成やコードのブラッシュアップなどを行っているため、レポジトリのコー…

Kotlin で『テスト駆動開発』を進める (第1章 - 第4章)

せっかく『テスト駆動開発』を読むのだから写経をしながら、それにただ写経するだけというのもなんだし他の言語でやろうということで学習がてら Kotlin で取り組んでいたのだが、これが中々面白かったので取り組んだ過程を、ある程度整理した上で*1書いてま…

Binder transaction buffer は1MBとは限らないかもしれない話

今開発しているアプリで特定の端末・条件でとある画面への遷移時に画面が真っ暗になって操作を受け付けなくなったり、該当する中で古い端末だとアプリが強制終了したりしてしまうという現象に出くわして、ログを眺めてみたら以下の例外が出続けていた: Excep…

JJUG CCC 2017 Fall に参加した

20分枠で Eclipse Collections の紹介をした。 slides.com 発表時の様子をコミッタの1人である @itohiro73 さんがまとめてくださっている。 togetter.com 発表後の振り返り 今日の発表を振り返ってみて、スライドのコンテンツ量が完全に20分に収まるものでは…

eureka Meetup 04 -チーム開発ナイト- memo

6月末の Pairsにおいて大事にしたいユーザ体験やプロダクトで大事にしている価値 テーマ: UX -> チームの作り方 大事にするUX 出会えること: マッチングUU, メッセージUU 誰でも迷わず使える 安心・安全である: 24x365 監視体制 価値観 ユーザに対して真摯 d…

#builderscon メモ: Haskellを使おう (Track B 14:30~15:30)

builderscon.io speakerdeck.com スライド見つつメモ読み返すとどこでついていけなくなったかがよくわかる 最初は調べてメモの内容を充実させてから投稿しようと思ったけど現実的な時間でできそうにないしスライド読もうねという感想なので投げました モナ…

#builderscon メモ: Antipatterns of Android app development (Track E 13:20~14:20)

builderscon.io 20170804 Builderscon Androidアプリ開発アンチパターン from mokelab www.slideshare.net AP 1: 古い本買う 開発環境が古い プラグインのサポートが終了している android: java -> jarをクラスパスに放り込む jarにリソースを入れたい、入ら…

Neo4jユーザ勉強会#11 に参加してきた

“Living Clojure” の読書メモが積み上がってる状態で書くのもどうなのというのはあるけど参加してきたので書く。殆ど読み終わってるけど日常的にブログを書くというかアウトプットする習慣が全くついてないよね… jp-neo4j-usersgroup.connpass.com ところで…

Living Clojure 読書メモ

Clojure入門のために “Living Clojure” を読んでいる。 読みっ放しにするのも何なので、適当なところでメモをまとめて記録しておくことにした。 Preface Clojureを始めるための準備はLeiningenのインストール REPLがついてくる Chapter 1. The Structure of …

JJUG CCC 2016 Fall memo

最後の枠のセッションしかメモ取ってなかったのでそれだけ Featherweight Java の漸進的型付けと Groovy の紹介 by kyon_mm Article: Featherweight Java のための漸進的型付け http://www.fos.kuis.kyoto-u.ac.jp/~igarashi/papers/pdf/FJgrad-PPL08.pdf OC…

『市ヶ谷Geek★Night「型のあるフロントエンドの世界〜フロントエンド・フロンティア〜」』メモ #ichigayageek

ichigayageek.connpass.com Togetterまとめ (ダブっているが完全に重複している訳ではないので両方載せておく) togetter.com togetter.com 感想 5月に転職してサーバサイド開発ばかりやるようになってから*1フロントエンド事情にだいぶ疎くなっていたので、G…

ErgoDox EZでも (もっと) 傾斜をつけたい!

先週こんな記事が公開された。 nippondanji.blogspot.jp セパレート式のキーボードによって手から肩周辺にかけての姿勢を自然なものとすることができるが、より自然な姿勢を求める場合、上の記事で書かれているように、いわゆる「ろくろを回す姿勢」の手の角…

『再演 ~ 組織にテストを書く文化を根付かせる戦略と戦術 +α』メモ #t_wada

また過去に参加した勉強会のメモ。今回のは3/11ともはや半年以上前... まあもう諦めても良かったのだけど、9月頭 (これも1ヶ月近く前...) にあったprivate methodの件だったり職場で最近あったお話だったりがこの講演で扱われた話題に関連している気がするな…

第3回 マイクロサービス アーキテクチャ 読書会 メモ

書くだけ書いて投稿し忘れていた当日書いたメモ。もう第4回も終わってるんだけど... architect-club.doorkeeper.jp スライド: 前半 Msa読書会#3前半 from Takehito Amanuma www.slideshare.net 後半 第三回マイクロサービスアーキテクチャ読書会(後半) fro…

『自閉症の脳を読み解く: どのように考え、感じているのか』を読んだ

自閉症の脳を読み解く―どのように考え、感じているのか作者: テンプル・グランディン,リチャード・パネク,中尾ゆかり出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2014/03/19メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (4件) を見る いつだったかTLでプログ…

Ergodox EZを買った

最近色々なところで購入報告を見るようになったErgodox (EZ) を私も購入した。

Gitを学ぶ

前の記事で勤め先のVCSをhgからgitに移行する機運があると書いたが、そちらの向きが強くなってきたのでgitについて少し真面目に勉強し始めていて、その中で良さげに感じた資料を一旦まとめることにする。 コンセプトから理解するGitコマンド from ktateish w…

#CROSS2016 メモ

有給をとって朝からいた勢です 遅ればせながらのメモまとめ togetter.com

Seven More Languages in Seven Weeks: Julia Day 1の演習問題をやった (ずいぶん前に)

間が空きすぎてしまった... Day 1 の演習自体は前の記事を書いた後すぐにやってはいたのだけど 下書きを書いた後先に進めている間に詰まったか何かして公開しないまま投げてしまったようです (記憶が朧げ) とりあえず書いた当時のまま晒すだけ晒しておこう..…

Seven More Languages in Seven Weeks の Juliaパートを読む: Day 1

Julia入門の為に買ったSeven more Languages in Seven Weeksを読み始めたので1日分ずつブログに書いて記録する事にした。 この本で扱われているJuliaのバージョンは0.3.0だけど自分の環境が0.4.0-devなので、その辺の差異は夜道さんのJulia本やブログ記事、…