Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

nashcft's blog

時々何か書く。

『自閉症の脳を読み解く: どのように考え、感じているのか』を読んだ

自閉症の脳を読み解く―どのように考え、感じているのか

自閉症の脳を読み解く―どのように考え、感じているのか

いつだったかTLでプログラマに向いてる人向いてない人の思考パターンについて会話しているのを見かけて、その中でこの本が紹介されていたので読んでみた。自閉症、というよりは人間の思考パターンに対する興味の方が強かった。
今月頭に購入してから時間を見つけてはちまちま読んでいて、今日の外出中に電車の中で読み終わった。

※ちょうどこの後目的地に着いて、昼だったので外食屋に入って以下をメモってた

思考パターンについて

本書によると人間の思考パターンには3つのタイプがあって「視覚的画像で考えるタイプ」「言語や事実で考えるタイプ」「パターンで考えるタイプ」があるのだそうだ。

8章「活躍の場を切り開く」の "対人関係のスキルを身につける" の項について

Ergodox EZを買った

最近色々なところで購入報告を見るようになったErgodox (EZ) を私も購入した。

f:id:nashcft:20160503161131j:plain

Read more

Gitを学ぶ

前の記事で勤め先のVCSをhgからgitに移行する機運があると書いたが、そちらの向きが強くなってきたのでgitについて少し真面目に勉強し始めていて、その中で良さげに感じた資料を一旦まとめることにする。

www.slideshare.net

このスライドはκeenさんのブログ記事で紹介されているのを見て読んだ。
gitで管理される情報の構造やユーザが操作するコマンドの裏側でどのようなことが行われているかをイメージしやすく、これを読んでおけば大体のことはこなせるようになるはず。
操作周りのスライドを読んでいて、hgを使っているのにrebaseやmqをガシガシ使っている人の多い弊社に本当に必要だったのはgitなのでは... と思った。

www.slideshare.net

最初のスライドに次に読むスライドとして勧められていた。所謂git-flow?
resetの部分だけ面倒だなと思ったので、これのresetしない版を普段やっているような気がする。
github-flow, gitlab-flowと他にもあるようだし、比較しながらブランチ戦略的なものを検討しよう。

Remove all ads

#CROSS2016 メモ

有給をとって朝からいた勢です
遅ればせながらのメモまとめ

togetter.com

Read more

Seven More Languages in Seven Weeks: Julia Day 1の演習問題をやった (ずいぶん前に)

間が空きすぎてしまった...
Day 1 の演習自体は前の記事を書いた後すぐにやってはいたのだけど
下書きを書いた後先に進めている間に詰まったか何かして公開しないまま投げてしまったようです (記憶が朧げ)
とりあえず書いた当時のまま晒すだけ晒しておこう...


github.com

設問の中に5x5x5の配列を作れとあって、3次元以上の配列の作り方を知ってから「じゃあ4次元配列を作ったらどうなるんだろう?」と思って試した結果がこちら:

julia> Array(Int64, 5,5,5,5)
5x5x5x5 Array{Int64,4}:
[:, :, 1, 1] =
 4469252560           0  4469252560           0  4469252560
          0  4469251016           0  4469252560           0
 4469255624           0  4469252560           0  4469252560
          0  4469252560           0  4469252560           0
 4469252560           0  4469252560           0  4469252560

[:, :, 2, 1] =
                   0  78152697455975698193556471915367379232  0
     140278440639040  7867888721079460201     3556471915367379232  0
 5417930524443302683  2319735731304618779     3539894578555400480  0
 5129700148190993179  2319735477633097777     3539883321446117664  0
 7868170196776672027  2319735477633097777     5132187517736263739  0

[:, :, 3, 1] =
 0  0                    0  7868170196776672027  2319735477633097777
 0  0                    0  7815269745597569819  2319735477633097777
 0  0      140278440639328  7867888721079460201  2319735477633097777
 0  0  5417930524443302683  2319735731304618779  3556471770077798449
 0  0  5129700148190993179  2319735477633097777  3556471915367379232

[:, :, 4, 1] =
 3556471915367379232  20046507979529531  0  0                    0
 3556471915367379232                  0  0  0                    0
 3556471915367379232                  0  0  0                    0
 3539894578555400480                  0  0  0      140278440639616
 3539883321446117664                  0  0  0  5417930524443302683

[:, :, 5, 1] =
 5129700148190993179  23197354776330977773539883321446117664  0
 7868170196776672027  2319735477633097777          78302376827741  0
 7815269745597569819  2319735477633097777                       0  0
 7867888721079460201  2319735477633097777                       0  0
 2319735731304618779  3556471770077798449                       0  0

[:, :, 1, 2] =
 0                0  54179305244433026833556471770077798449
 0                0  5129700148190993179     3556471915367379232
 0                0  7868170196776672027     3556471915367379232
 0                0  7815269745597569819     3556471915367379232
 0  140278440639904  7867888721079460201     3556471915367379232

[:, :, 2, 2] =
 3539894578555400480  0  0  0      140278440640192
 6710417459114946848  0  0  0  5417930524443302683
        305851882267  0  0  0  5129700148190993179
                   0  0  0  0  7868170196776672027
                   0  0  0  0  7815269745597569819

[:, :, 3, 2] =
 7867888721079460201  2319735477633097777  3556471915367379232  0  0
 2319735731304618779  3556471770077798449  3539894578555400480  0  0
 2319735477633097777  3556471915367379232  1971786226191053088  0  0
 2319735477633097777  3556471915367379232           1194668379  0  0
 2319735477633097777  3556471915367379232                    0  0  0

[:, :, 4, 2] =
 0                    0  78152697455975698193556471915367379232
 0      140278440640480  7867888721079460201     3556471915367379232
 0  5417930524443302683  2319735731304618779     3539894578555400480
 0  5129700148190993179  2319735477633097777     6564943274667159840
 0  7868170196776672027  2319735477633097777                 4666417

[:, :, 5, 2] =
 0  0  0                    0  7868170196776672027
 0  0  0                    0  7815269745597569819
 0  0  0      140278440640768  7867888721079460201
 0  0  0  5417930524443302683  2319735731304618779
 0  0  0  5129700148190993179  2319735477633097777

[:, :, 1, 3] =
 2319735477633097777  3556471915367379232  18227  0  0
 2319735477633097777  3556471915367379232      0  0  0
 2319735477633097777  3556471915367379232      0  0  0
 3556471770077798449  3539894578555400480      0  0  0
 3556471915367379232  3556466417809240352      0  0  0

[:, :, 2, 3] =
                   0  51297001481909931793616772148839854368
                   0  7868170196776672027                      71
                   0  7815269745597569819                       0
     140278440641056  7867888721079460201                       0
 5417930524443302683  2319735731304618779                       0

[:, :, 3, 3] =
 0  0                0  5417930524443302683  2319735731304618779
 0  0                0  5129700148190993179  2319735477633097777
 0  0                0  7868170196776672027  2319735477633097777
 0  0                0  7815269745597569819  2319735477633097777
 0  0  140278440641344  7867888721079460201  2319735477633097777

[:, :, 4, 3] =
 3556471770077798449  3539894578555400480  0  0  0
 3556471915367379232  5129935717922582816  0  0  0
 3556471915367379232                    0  0  0  0
 3556471915367379232                    0  0  0  0
 3556471915367379232                    0  0  0  0

[:, :, 5, 3] =
     140278440641632  78678887210794602013556471915367379232  0
 5417930524443302683  2319735731304618779     3539894578555400480  0
 5129700148190993179  2319735477633097777       20037711886507296  0
 7868170196776672027  2319735477633097777                       0  0
 7815269745597569819  2319735477633097777                       0  0

[:, :, 1, 4] =
 0  0                    0  7815269745597569819  2319735477633097777
 0  0      140278440641920  7867888721079460201  2319735477633097777
 0  0  5417930524443302683  2319735731304618779  3556471770077798449
 0  0  5129700148190993179  2319735477633097777  3556471915367379232
 0  0  7868170196776672027  2319735477633097777  3556471915367379232

[:, :, 2, 4] =
 3556471915367379232  0  0  0                    0
 3556471915367379232  0  0  0                    0
 3539894578555400480  0  0  0      140278440642208
        305904950109  0  0  0  5417930524443302683
                   0  0  0  0  5129700148190993179

[:, :, 3, 4] =
 7868170196776672027  2319735477633097777  3556471915367379232  0  0
 7815269745597569819  2319735477633097777  3556471915367379232  0  0
 7867888721079460201  2319735477633097777  3556471915367379232  0  0
 2319735731304618779  3556471770077798449  6710428716224229664  0  0
 2319735477633097777  3556471915367379232           1194875675  0  0

[:, :, 4, 4] =
 0                    0  51297001481909931793556471915367379232
 0                    0  7868170196776672027     3556471915367379232
 0                    0  7815269745597569819     3556471915367379232
 0      140278440642496  7867888721079460201     3556471915367379232
 0  5417930524443302683  2319735731304618779     1971797483300335904

[:, :, 5, 4] =
 4667227  0  0                0  5417930524443302683
       0  0  0                0  5129700148190993179
       0  0  0                0  7868170196776672027
       0  0  0                0  7815269745597569819
       0  0  0  140278440642784  7867888721079460201

[:, :, 1, 5] =
  2319735731304618779  0  0  0  0
  2319735477633097777  0  0  0  0
 -6917529027641081856  0  0  0  0
 -6917529027641081856  0  0  0  0
                    0  0  0  0  0

[:, :, 2, 5] =
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0

[:, :, 3, 5] =
 140278443538256  0  0  0  0
 140278438868112  0  0  0  0
               0  0  0  0  0
               0  0  0  0  0
               0  0  0  0  0

[:, :, 4, 5] =
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0

[:, :, 5, 5] =
 0                0  140278443539344                0  0
 0                0  140278438866256  140278438864720  0
 0                0  140278443538768  140278438868016  0
 0  140278443538896  140278443540944                0  0
 0  140278438867888                0                0  0

なんでや...
ちなみに5次元配列、6次元配列を作るとちゃんと0で初期化された配列が返ってくる(そこまでしか試していない)。

julia> Array(Int64, 5,5,5,5,5)
5x5x5x5x5 Array{Int64,5}:
[:, :, 1, 1, 1] =
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0

[:, :, 2, 1, 1] =
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0

[:, :, 3, 1, 1] =
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0

[:, :, 4, 1, 1] =
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0

[:, :, 5, 1, 1] =
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0

[:, :, 1, 2, 1] =
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0

...

[:, :, 3, 5, 5] =
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0

[:, :, 4, 5, 5] =
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0

[:, :, 5, 5, 5] =
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0
 0  0  0  0  0

Seven More Languages in Seven Weeks の Juliaパートを読む: Day 1

Julia入門の為に買ったSeven more Languages in Seven Weeksを読み始めたので1日分ずつブログに書いて記録する事にした。

この本で扱われているJuliaのバージョンは0.3.0だけど自分の環境が0.4.0-devなので、その辺の差異は夜道さんのJulia本やブログ記事、公式docで調べつつ進めている。

Day 1: Resistance Is Futile

インストールの話などもそこそこに、まずはJuliaの型の紹介から始まる。
延々とtypeof()に値を突っ込んでみていく。気になったのでtypeof()に型名を入れるとDataTypeと出力された。
型紹介の最後にDictが出てきたがこれは0.3.xと0.4.xでは定義方法が異なる。

# v0.3
# {}で括ると型の束縛のないDictができる。
julia> {:a => 12}
Dict{Any,Any} with 1 entry:
  :a => 12

# []で括ると値からの型推論で型が固定される。
julia> [:a => 12]
Dict{Symbol,Int64} with 1 entry:
  :a => 12

# 前に(KeyType => ValueType)と書く事で型を指定できる。
julia> (ASCIIString => Float32)["a" => 1.2]
Dict{ASCIIString,Float32} with 1 entry:
  "a" => 1.2f0
# v0.4
# Dict(key => value, ...)と定義する。この定義方法だと型推論される。
julia> Dict(:a => 12)
Dict{Symbol,Int64} with 1 entry:
  :a => 12

# 型を明示的に指定する際はDict{KeyType, ValueType}(key => value, ...)
julia> Dict{Any, Any}(:a => 12)
Dict{Any,Any} with 1 entry:
  :a => 12

次は演算子の紹介。除算関係には関数もある。この辺について夜道さんのJulia本に挙動の違いが書かれている。/を使うとInt同士の除算でも返り値がFloatになるが、div()を使うと返り値は整数値になる。div()の引数にFloatを入れると、Float型の整数(1.0とか)が返却される。
後はbit表現する為のbits()とか、bit演算子とか。

続いてDictionaryとSetの紹介。定義の方法はさっき書いた通り。値の取り出し方はdict[key]の他、存在しないkeyを指定した際のdefault値も指定するget(dict, key, default)もある。keyを全て取得するkeys()の返り値はKeyIteratorになる。collect()Iteratorから配列を作成する。

julia> numbers = Dict(:a => 1, :b => 2, :c => 3)
Dict{Symbol,Int64} with 3 entries:
  :b => 2
  :c => 3
  :a => 1

julia> numkey = keys(numbers)
KeyIterator for a Dict{Symbol,Int64} with 3 entries. Keys:
  :b
  :c
  :a

julia> numkey[2]
ERROR: MethodError: `getindex` has no method matching getindex(::KeyIterator{Dict{Symbol,Int64}}, ::Int64)
Closest candidates are:
  getindex(::(Any...,), ::Int64)
  getindex(::(Any...,), ::Real)
  getindex(::FloatRange{T}, ::Integer)
  ...

julia> collect(numkey)[2]
:c

in演算子と関数とがあるDictionaryに対してin()を用いるときは第一引数がkeyとvalueのpairでなければならない。
Setにはunion(), intersection(), setdiff(), issubset()等の関数が備えられている。

Array。indexが1スタートなのが違和感ある。基本的に1つのArrayに複数の型の要素を入れられる。型指定するときはType[]と書く。zeros(), ones(),fill()といった初期化用の関数がある。あとはindex指定にendとかsliceがある。 sliceを使って再代入すると指定範囲全てに変更が適用される。 次元まわりは以下のような感じ。

julia> [1,2,3]
3-element Array{Int64,1}:
 1
 2
 3

julia> [1 2 3]
1x3 Array{Int64,2}:
 1  2  3

julia> [[1,2,3],[4,5,6],[7,8,9]]
9-element Array{Int64,1}:
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9

julia> [1 2 3; 4 5 6; 7 8 9]
3x3 Array{Int64,2}:
 1  2  3
 4  5  6
 7  8  9

コンマでなくてセミコロンでもいいみたい。線形代数関係の演算をする為の関数も色々ある。eye()でidentity matrixを定義できたり、.*で要素ごとの乗算ができたり、Arrayの後に'をつけるとtransposeができたり。

Day 1の解説部分はこれでおしまい。この後に練習問題があるので解いてどこかに放り投げる予定。

Neo4jユーザーグループ再結成 & Neo4j 無料セミナーに参加してきた #Neo4jUsersGroup

再結成だったそうで。最初の結成の頃はOrinetDB触ってた頃だけど気づかなかったっぽい。

Neo4jユーザーグループ再結成 & Neo4j 無料セミナー - connpass

Read more